HP_002ol-26

“森から海へ”
それは命の循環です

自然の循環の中で今、ニホンジカが増えています。
森の草木が食べ尽くされ、
枯葉や腐葉土がなくなってきています。
それは昆虫や鳥、動物たちが森から姿を消すことに繋がります。
このままニホンジカが増え続けたらならば
いつか森が消えるかもしれない…。
この現象は、日本全国の山里で着実に進行しています。

シカには罪はありません。
しかし、これまでのような命の循環に変化が起きてしまうことは、
私たちの暮らしにとって都合の良いことではありません。

ニホンジカが増える自然の循環を作り出している理由が
人の生活にあるのだとしたら、
人が継続して暮らしていくことも
困難な環境が増えるでしょう。
HP_002ol-26
樹木が枯れ、倒れ、草もない森では表土が現れてきています。
そのような森林には、もはや緑のダムの力はありません。
雨が降り、土壌に蓄えられない雨水は
そのまま土を流しながら川へと流れ込みます。
土留めができなくなった斜面は崩れ
土砂災害となり人の暮らしを襲い、巻き込みながら
やがて海へと流れこむでしょう。

森から始まる循環は海を守り、自然を守り、
地球を守ることにつながるのだと私たちは考えます。

鹿肉のペットフードを広めることは
その森を守ること。
私たちはそう信じています。
HP_002ol-26
これまで毎年何十万頭もの鹿が捕獲され
破棄されたり焼却されてきました。
その命を無駄にせず
大切なペットの健康と命につなぐことが
私たちの出発点でもありました。

森から海へ。
持続可能な命の循環。
私たちはその理念のもとに活動を続けます。
MENU
[]